2018/12/23

教育観の違い

2018年12月21日付The Japan Times Alphaに掲載されている「3-minute Reading With Kip」に次のようなことが書いてありました。
In the U.S., children are encouraged to think for themselves, explore the world and learn from their failures.  In Asia, children are shown the "correct" way, then are carefully guided until they master this.
この教育観の差異は、絶対的という事ではなく、そのような傾向があるという意味だと思いますが、確かにその通りかもしれません。

よく日本人は完璧主義で、失敗を恐れて行動しない(できない)と言われます。失敗から学ぶためにも、まず行動すべきだという意見を耳にしますが、いざ失敗すると非難が怒涛のように飛んでくる面もあります。行動して非難される(出る杭は打たれるという諺もありますし)よりも、行動しないで埋没しているのを選ぼうとするのも、やむを得ないとも思います。

悪い面は目につきやすいが、良い面は気付きにくいという事なのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿