2018/06/20

「That's why ~」と「That's because ~」

英語を学習している中で「That's why ~」という表現と「That's because ~」という表現の理解があやふやになっています。文字情報としての英語を読む場合であれば、ゆっくり考えても構わないかもしれません。しかし英会話の場合は、素早く反応されることが求められます。

Webを検索していたら「超簡単!This is whyとThis is becauseの違いとは?誰でも分かる一発把握法!」という情報を見つけました。要するに次のように考えれば良いそうです。
  1. 【原因】.  This is why 【結果】→【原因】。だから【結果】だ。
  2. 【結果】.  This is because 【原因】→【結果】。というのは【原因】だからだ。
このルールをしっかり身につければ、今後は迷わずに済みそうです。

英語は「暗記もの」なのか、「暗記もの」とされているのは誤解なのか、さまざまな主張がされています。しかし全く暗記せずに済むわけでもないと自分自身では考えています(暗記することが少ない方が有り難いとも思っていますが)。 意図的に「暗記」せずとも、自然に覚えるに任せれば良いとの主張もあり、そのような主張も分からないではありませんが、自分を省みても、それほど記憶力に秀でているとも思えないと自己分析しています。

というわけで、上述したルールを「しっかり暗記」しておこうと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿