2015/12/25

ibus-mozcトラブル

ibus-mozcを使って日本語入力を行うつもりでpkgsrcから入れてみました。ビルドできたし、LXDEのメニューにも「iBusの設定」という項目が追加されています。入力メソッドとして「Mozc」も入っているようです。

しかし画面右下のシステムトレイに現れるはずのiBusやMozcのアイコンが出ていません。アプリケーションから日本語入力をしてみようと思っても、動いているのか動いていないのか判別できません。Webで調べてみると「LubuntuでIBusアイコンを表示する」という報告が見つかりました。対処方法もありますが、これはLinuxの場合に適用できる方法なのでNetBSDではどうすれば良いのでしょう。

pkgsrcにはibus-mozc以外にもuim-mozcというパッケージもあるようなので、uim-mozcを使って日本語入力環境を整えてみることにしようと思います。

それにしてもibusにしろuimにしろ、はたまたLXDEにしろGTKやQtにしても、全体的な概念や歴史的経緯が分からないままに、問題が起きるたびに泥縄的に対処していくのは良くないと感じます。

0 件のコメント:

コメントを投稿