2019/08/02

PythonにNetworkXをインストール

最長片道切符のグラフ問題を扱うために、PythonにNetworkXを導入してみました。導入するのは簡単ですが、pipを利用します。Python 3.4以降には標準で入っているという情報がありますが、FreeBSDのパッケージで入れたpython 3.6には入っていないようでした。
tpe530c> python3.6 -m pip list
/usr/local/bin/python3.6: No module named pip
tpe530c> uname -a
FreeBSD tpe530c 12.0-RELEASE-p8 FreeBSD 12.0-RELEASE-p8 GENERIC  amd64
tpe530c> python3.6 -V
Python 3.6.9
furusawa@tpe530c> python3.6
Python 3.6.9 (default, Jul 11 2019, 01:10:39)
[GCC 4.2.1 Compatible FreeBSD Clang 6.0.1 (tags/RELEASE_601/final 335540)] on freebsd12
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

pipを導入するのは簡単ですが、パーミッションの都合によりrootで操作する必要があります。
# curl -kL https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py | python3.6
tpe530c> python3.6 -m pip list
Package    Version
---------- -------
decorator  4.4.0 
networkx   2.3   
pip        19.2.1
setuptools 41.0.1
wheel      0.33.4

グラフ構造を扱うためにNetworkXが必須かというと、そういうわけでもないと思います。しかし重み付きグラフの情報を記したファイルを読み込んでくれるヘルパー関数があるので、自前で似たようなプログラムを書くより楽ではないかと思います。

NetworkXを極めるよりも、最長片道切符のグラフ問題を解くために必要なプログラムを書けるようにするため、NetworkXの使い方を学んでいきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿