2019/06/28

IBus入力メソッド

dynabook SS SX/15AのOSをNetBSD/i386に入れ換え、デスクトップ環境としてMATEを利用しています。アプリケーションはpkgsrcから入れていますが、今月上旬からpkg_rolling-replaceを使って全更新をしたところ、うまくいかず、動作環境が崩壊してしまいました。アプリケーションに必要なパッケージを入れ直しても、動作が思わしくないのは、NetBSDのパッケージの出来が良くないせいなのか、まだ気づいていないところに不整合のあるパッケージが残っているせいなのか、よくわかりません。

まだ完璧とは言えませんがMATEデスクトップ環境が修復できたので、次に入力メソッドを復旧させます。環境が崩壊する前まではMozcで日本語入力をしていましたが、MATEやIBusを修復しても、Mozcが動作しません。偶々試してみたKKCが問題なく動いているので、Mozcの問題なのではないかとおもっています。

次に、以前は無かったのですが、ハングルの入力メソッドも導入しておくことにしました。まずはibus-hangulを入れてみました。導入はできたし、使おうとして(Mozcのように)落ちることもないのですが、肝心のハングル入力が出来ません。おそらく(勘ですが)日本語変換のように、ハングル入力モードとASCII入力モードを切り替えるのではないかと思っているのですが、どのキーなのか分かりません。Webに情報が無いかと調べていたら、ハングル入力にはibus-m17nという入力メソッドもあるようです。そこでこちらを使ってみることにしました。当初はibus-hangul同様にハングル入力が出来なかったのですが、画面右上にある「한」をクリックしてみると、ハングルの入力方式を選択する画面が開いたので「2ボル式」を選びました。

これで日本語とハングルの入力が可能になりました。

MATEデスクトップ環境では、画面上部のメニューから「システム」→「設定」→「IBusの設定」を選び、「入力メソッド」タブを開くと、登録済みの入力メソッドの一覧が表示されます。その右側には「設定」ボタンがあるのですが、KKCではグレー表示となり押せないようになっています。ところが、画面右上でクリックすると現れるメニュには「設定」という項目があり、それを選ぶと「かな漢字変換の設定」という画面が出てきます。どうしてこういうことになるのか、パッケージ自体が不完全なのか、それとも環境が復旧できていないのか、謎です。これは些細な問題であり、もっと深刻な不具合もあるので、順番に解決していこうと思います。

最終的に導入したIBus関連のパッケージは次のようになりました。
  1. ibus-1.5.20nb1      Intelligent Input Bus
  2. ibus-m17n-1.3.4nb26 M17N engine for IBus platform
  3. ibus-kkc-1.5.21nb9  Japanese KKC input method for ibus

0 件のコメント:

コメントを投稿