2018/05/19

NetBSD/i386上のLibreOfficeのバージョンを上げたい

NetBSD/i386でpkgsrcから入れたLibreOfficeを利用しています。misc/libreoffice5-binを使ったのでLinuxエミュレーションとして動作しているはずです。動作自体に問題があるわけではないのですが、できれば最新版にしたいと思っています。

misc/libreoffice5-bin/distinfoを確認すると「LibreOffice_5.1.0_Linux_x86-64_rpm.tar.gz」のような記述が見つかります。実際にLibreOfficeを起動してバージョンを確認すると「5.1.0.3」となっています。しかしWindows10でもLibreOfficeを利用していますが、こちらは「6.0.3.2」です。

LibreOfficeの公式WebからはLinux用のRPMをダウンロードできるのですが、これを入れればバージョンを上げられるのでしょうか。pkgsrcの枠組みのあずかり知らぬところで勝手にバージョンを上げても大丈夫なのか心配です。

近いうちに実験してみようと思います。もし上手くいけば、今後LibreOfficeのバージョンアップはpkgsrcとは無関係にRPMでできることになるでしょう。もし失敗したとしても、pkgsrcでlibreoffice5-binを入れ直せば復旧できそうな気がしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿