2017/03/31

FreeBSDで複数のLLVM/clangがインストールされてしまった

FreeBSDではgccを止めてLLVM/clangが使われています。昔は他のBSDやLinuxと同様にgccでしたが、今は完全にLLVMに置き換えられています。

ところが気がついて見ると、標準のLLVMの他に、portsから異なるバージョンのLLVMがインストールされてしまっていることに気がつきました。
% cc --version
FreeBSD clang version 3.4.1 (tags/RELEASE_34/dot1-final 208032) 20140512
Target: i386-unknown-freebsd10.3
Thread model: posix
% pkg version -vIL=
*snip*
llvm37-3.7.1_4                     <   needs updating (index has 3.7.1_5)
llvm39-3.9.1_2                     <   needs updating (index has 3.9.1_3)
*snip*
どうしてこうなってしまったのか今後調べてみようと思いますが、おそらくportsから入れた何かのパッケージが特定のバージョンのLLVMに依存する設定になっていたのでしょう。

このような状況はLLVMに限らず、gccであるとか、perlなどでも起きることがあります。特定のバージョンを使わなければならない必然性があるのなら仕方ないと納得できますが、たいていの場合はデフォルトのバージョンでも問題にならないことが多いのです。

FreeBSDに標準でLLVMが入っているのに、さらにバージョン3.7や3.9のLLVMが入るのはリソースの無駄としか思えません。

0 件のコメント:

コメントを投稿