2017/03/25

英語を勉強している成果なのかと思えた経験

以前から英語の勉強を続けています。何か直接的な目的があるわけではありません。英語が世界的に重視されている現状があるので、少しでも世界情勢について行きたいというだけの事です。スキルレベルを把握するために毎年TOEICを受験していますが、平均点を多少上回る程度で、目だった成果は上がっていません。

いろいろな教材に手を出すよりは、厳選した教材を徹底的に勉強するほうが良いと言われます。何が厳選された教材なのかは主観的に判断しただけですが、徹底的とも必ずしも言えませんが、成果が上がっていない気がしても、挫けず勉強を続けるようにしています。

それにしても昨今はインターネットや動画配信の発達により、学習用に加工されていない、現実的な英語素材が手軽に入手できるようになっているのは驚くばかりです。そのような現実の英語を耳にしても、いまひとつ理解できたという実感が得られたとも言えない状況でした。

ところが先日「日本外国特派員協会」で行われた記者会見の様子の動画を見ていたら、ある記者の質問が「聞き取れた!」という体験をしました。ごく一部分だけでしたが、今までならば全く聞き取れず、箸にも棒にも掛からないようであったことを思うと、嬉しい経験でした。英語の波に上手く乗れると聞き取ることもできそうな感触ですが、まだ波に長く乗り続けていけません。しかし練習を重ねれば、長く乗り続けることもできるようになるでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿