2017/02/08

ピースボードの思い出をフォトブックにしてみました

一昔前にピースボードで旅行をしました。この時に初めてデジカメを買って持っていきました。それまでは昔ながらのフィルム式のコンパクトカメラを使っていたので、どちらかというとフィルム式カメラの方が馴染みがあり、旅行の最初の頃はデジカメは使いませんでした。

しかしフィルム式だと現像しないと撮影した写真が見られないし、現像したりプリントするのにお金がかかると思うと、デジカメを使うのに慣れようと考えました。当時のデジカメは、現在と比べると画素数が少ないし、処理速度が遅いのでシャッターを切るタイミングが一呼吸遅れることがよくありました。

しかしデジカメの最大の利点は、撮影した画像ファイルをPCで直ちに見られることです。しかも記録メディアに入るうちなら余分に撮影しても、要らなければ消せば良いだけの話なので、プリントしない限りお金の心配をしなくても済みます。

デジカメを使う場合には、シャッターチャンスを待ってからシャッターを切っては遅いということに気付き、シャッターを余分に切ったところで不要なら画像ファイルを消せば良いということに気付いたので、旅行中はデジカメで撮影しまくりました。最終的に2,400枚ほど撮影しましたが、気に入らない写真を消して、結局900枚ほどが残りました。シャッターチャンスを逃すより撮りすぎる方がマシという発想に転換しました。

旅行から戻ってからは、たまに思い出したように写真を眺めて旅行中の記憶を呼び覚ましていたのですが、ずいぶん長いことパソコンのディスクの肥やしとなって眠っていました。

ここ数年ほどは旅行中に撮影した写真をまとめてフォトブックを制作しています。このようなサービスを提供している会社は幾つかあり、どこを利用しようかと迷ったのですが、評判や直感で決断して「photoback」を利用し続けています。最初の頃は、フォトブックを制作するための基本的な考え方もわからなかったし、photobackが提供するサービスの概念をどのように活かしたらよいのか見当がつかなかったので、ずいぶん苦労しました。最近は作り慣れてきたので、出来上がったフォトブックのイメージを頭の中に思い描きながら、楽しく制作できるようになっています。

ピースボートの旅行の始めの頃は、フィルム式カメラで撮影した写真しかないので、スキャナでデジタル化しました。さすがに画像が荒くなってしまいますが、個人的な作品なので許容範囲です。

旅行中の写真が900枚ほどあるとは言え、さすがに全部をフォトブックに使う訳にはいきません。ひとつひとつの写真は貴重な旅行中の想い出なので、できるだけ多くをフォトブックに使いたいのはやまやまです。しかしフォトブックを制作する上では、ただ無作為に写真を並べるのではなくて、何らかのストーリー性を持たせつつ、写真の大きさや配置をコントロールして、一貫性のある作品に仕上げたいと思っています。

一方でphotobackが提供するフォトブックの最大ページ数の制限も考えなければなりません。結局使用した写真は184枚でした。分冊して制作すれば、もっと多くの写真を使ったり、レイアウトを工夫したりできたでしょう。このフォトブックは思い出を一冊にまとめることが大事であって、全ての写真を見たければパソコンの中に全て入っているのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿