2016/12/05

NetBSD/i386上のFirefoxとThunderbirdを入れ直し

pkgsrcからFirefoxをThunderbirdを入れましたが、勘違いをして旧いバージョンを入れてしまいました。あらためて「pkgsrcから入れることができる」最新バージョンに入れ直します。当初はpkgsrcにあるwww/firefox45mail/thunderbird38を使いましが、これが間違いのもとでした。素直にwww/firefoxmail/thunderbirdを使ってインストールしておけば問題なかったのです。

pkgsrcからインストールした場合には、1)最新バージョンと言ってもMozillaが提供する最新版より旧い、2)安定公開版ではないので何が起きるかわからず怖いという問題があります。

pkgsrcのwww/firefoxを使うと「Firefox Nightly 49.0」が入りました。mail/thunderbirdでは「Thunderbird Earlybird 45.3.0」でした。これらのバージョンは、Microsoft Windowsなら2016年9月頃にリリースされたものです。

使用に耐えないようであれば、何か別の方法を考えることにします。今思いつく解決策はLinux用のバイナリを使うことです。しかしLinux用バイナリのLibreOffice5において日本語入力が出来ないという問題が発覚しているので、おそらく同じ問題に遭遇してしまうでしょう。

ただしこの日本語入力できない問題は大問題なので、できるだけ早く解決したいと思っています。そうすればFirefoxやThunderbird(もちろんLibreOfficeも)をLinux用バイナリで利用できるようになるはずです。

0 件のコメント:

コメントを投稿