2016/10/12

installboot: Old BPB too big. use -f (may invalidate filesystem)

NetBSD/i386インストールの試行錯誤を続けています。newfsに失敗する問題が解決してインストールが先に進むと思ったら、またしてもエラーで中断されてしまいました。

「Bootblocks selection」 というメニューで「Use BIOS console」を選択したところ次のようなエラーでインストールが中断しました。
 Status: Command failed
Command: /usr/sbin/installboot -o console=pc,speed=9600 /dev/rsd0a /usr/mdec/bootxx_ffsv2
 Hit enter to continue
-------------------------------------------------------
installboot: Old BPB too big.  use -f (may invalidate filesystem)
installboot: Set bootstrap operation failed
この問題を解決するためWebを検索してみると次のような情報がありました。
  1. installboot: Old BPB too big, use -f (may invalidate file system)
  2. Wondering about the old "Installboot Old BPB is too big" issue
1番目の情報はNetBSDのメーリングリストCurrent-Usersに2015年1月15日に流れたものですが、この応答で次のような回答がなされています。
You didn't say where wd0a is located, a wrong disklabel might cause it to overlap some of your NTFS partitions. But if you are sure that you don't accidentally overwrite some innocent valid bootblock, then using installboot -f to clean the old BPB is the right thing to do.
古いBPBを綺麗にするためinstallboot -fをするのは適切だと言っています。そのアドバイスに従い、インストーラの中からシェルに落ちて、エラーで失敗したコマンドにオプション-fを加えて実行してみました。

この後改めてインストールをやり直したところ、エラーを出すことなく最後までインストーラが実行されました。

0 件のコメント:

コメントを投稿