2016/10/12

An operating system wan't found.

USB-HDDのパーティションの切り方を変えて再度NetBSD/i386をインストールします。もうインストール中のエラーは起きず、最後まで綺麗に実行されます。いよいよNetBSD/i386 7.0.1がUSB-HDDから起動に成功してくれるかと期待して、dynabookの電源を入れてみました。

セクタ0にあるブートメニューが表示されるのですが、何度押しても先に進まず、再起動を求めるメッセージが出てしまいました。
Fn: disk0
1: NetBSD
2: PARAGON
Fn: disk0
1: NetBSD
2: PARAGON

Fn: disk0
1: NetBSD
2: PARAGON

An operating system wan't found.  Try disconnecting any drives that don't contain an operating system.
Press Ctrl+Alt+Del to restart
パーティションの順番を変えて挙動が変化したところを見ると「8GBの壁」問題に関係することを疑わせます。しかしブートしてくれないのは困りものです。

USB-HDDをWindows上のHxDで覗いてみました。するとブートメニュー自体はセクタ0にある(NetBSDによってインストールされた)ものですが、最後に表示されている「An operating system wan't found.」で始まるメッセージは、2番目のパーティション(NTFSでフォーマットしてある256GBの領域)が出しているようです。HxDで覗くと2番目のパーティションの2番目のセクタにあるのが確認できました。

dynabookの電源を入れると、BIOSはUSB-HDDのセクタ0を読み取り、制御を移しているのは間違いありません。ブートメニューがでていることから判断できます。ここでF1を押すとNetBSDが起動するところなのですが、なぜか制御が移らず、ブートメニューに戻ってしまうようです。NetBSDの起動時の挙動を解説した参考資料があれば、この状況を追いかける参考になりそうですが、何か無いでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿