2016/03/07

メモリを差し替えて問題解決か

Personal Workstation 500auの調子が良くないので、メモリを差し替えてみました。この本体は随分前にオークションで入手したものですし、これ以外にもジャンクで入手したAlphaシリーズ用のメモリを持っています。Alphaマシンなんだから使えればなんでも良いじゃないかと思っていたのですが、念のために状況整理兼ねて調査してみました。

Alpha用の次のようなメモリを保有しています。
  1. E133-256M (I-O DATA 256M DIMM PC133)
  2. MH16S72AMD-10 (三菱 128M DIMM PC66) PC168AXAの刻印あり
  3. 5025091-01 B01 (DEC 128M DIMM)
  4. 5024343-01 B01 (DEC 64M DIMM)
  5. 5025091-01 C01 (DEC 64M DIMM)
  6. 5024828-01 A01 (DEC 64M DIMM)
  7. 5024328-02 A01 (DEC 32M DIMM)
PWS500auはメモリスロットがJ1からJ6まであり、2枚ずつ挿すことになっています。上述したメモリを1組ずつ試してみました。その結果256Mと128Mのメモリは問題ないようです。そこでE133-256Mを1組と5025091-01 B01を2組使って、1Gとしました。
  Digital Personal WorkStation 500au Console V6.9-7
        built on Oct 30 1998 at 14:10:45
>>>sh mem


Memory Size = 1024Mb

Bank      Size/Sets   Base Addr
------    ----------  ---------
   0        512Mb      00000000
   1        256Mb      20000000
   2        256Mb      30000000


BCache Size = 2Mb

Tested Memory =  1024Mbytes
この状態でOpenVMSを起動して一晩放置してみましたがハングアップしませんでした。調査前は10分もしないうちにハングしていたので、ひとまず解決したようです。

ちょっと不思議だったのは、5024343-01 B01と5024328-02 A01がメモリスロットに入らなかったことです。もう少し力を加えれば入りそうなのですが、基盤を壊しそうなので止めておきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿