2016/02/01

オセロゲームにおけるGUIと思考エンジン分離

コンピュータ将棋やチェスの世界には、USI(Universal Shogi Interface)とかUCI(Universal Chess Interface)というプロトコルがあり、GUIと思考エンジンを分離して通信することができるのだそうです。見た目と思考ロジックを分けることが出来れば、いろいろと面白い応用が拡がると思います。

このようなプロトコルがオセロゲームにも欲しいところですが、今のところ実現していないようです。仮にUniversal Othello Interface(UOI)が出来れば、思考エンジンを開発する方向とユーザーインターフェイスを開発する方向が独立して発展できることになります。さらには思考エンジン同士の対戦もできるでしょうし、Webブラウザをユーザーインターフェイスとして利用するような応用も考えられます。

さらに気になっている事ですが、オセロゲームの棋譜を表現するための標準的なファイル形式というものは存在しているのでしょうか?『思考ゲームプログラミング』にあるオセロゲームの思考エンジンは序盤を定石で勝負しようとしますが、その情報はプログラム内部に持っています。これを外部に切り出せれば、プログラムを変えなくても定石の進化に対応できるのではないかと考えています。

チェス、将棋、オセロのようなコンピュータゲームにおいては思考エンジンの強化に意識が集中する面が強いですが、周辺技術にも気を配る必要があるのではないかと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿