2016/01/07

UNIX V6環境(uv6swre.zipを利用する場合)

PDP-11エミュレータを使ってUNIX V6を動かしてみる方法は幾つかあります。「The Computer History Simulation Project」の「Software Kits to run on SIMH」にある「PDP-11 UNIX V6 with sources (under license provided by Caldera Corporation).」を使用して、UNIX V6環境を構築してみます。

uv6swre.zipに含まれるディスクイメージを取り出します。またPDP-11エミュレータの起動後におこなう初期手順をファイルにしておくと手間が省けると思います。これは以下のような内容ですが、CPUの指定を「11/45」とする人もいます。この違いがどのように影響するのかはわかりません。
set cpu 11/40
set cpu u18
att rk0 unix0_v6_rk.dsk
att rk1 unix1_v6_rk.dsk
att rk2 unix2_v6_rk.dsk
att rk3 unix3_v6_rk.dsk
boot rk0
bye
ファイルを用意せず手入力をしても構いません。「boot rk0」を実行すると「@」のプロンプトが出るので、「unix」と入力します。次に「login:」プロンプトが出ますから、「root」と入力します。ここでパスワードはありません。
PDP-11 simulator V3.9-0
Disabling XQ
@unix

login: root
# ls -l
total 182
drwxr-xr-x  2 bin      1040 Jan  1  1970 bin
drwxr-xr-x  2 bin       352 Jan  1  1970 dev
drwxr-xr-x  2 bin       304 Aug 20 12:27 etc
drwxr-xr-x  2 bin       336 Jan  1  1970 lib
drwxr-xr-x 17 bin       272 Jan  1  1970 mnt
drwxr-xr-x  2 bin        32 Jan  1  1970 mnt2
-rw-rw-rw-  1 root    28472 Aug 20 12:01 rkunix
-rwxr-xr-x  1 bin     28636 Aug 20 11:38 rkunix.40
drwxrwxrwx  2 bin       144 Aug 20 12:27 tmp
-rwxr-xr-x  1 bin     28472 Aug 20 12:01 unix
drwxr-xr-x 13 bin       224 Aug 20 12:22 usr
drwxr-xr-x  2 bin        32 Jan  1  1970 usr2
#
操作方法が今日の常識とは多少異なるところがあるので戸惑うかもしれません。ルートディレクトリ以下は、次に示すようなディレクトリ構造になっています。/mntの下にあるのはドキュメント類のようです。/usr/sourceの下にはコマンド等のソースがありますが、カーネルのソースは見当たりませんでした。

/bin
/dev
/etc
/lib
/mnt/as
/bc
/beg
/c
/ctut
/ed
/hel
/iolib
/iosys
/man/man0
/man1
/man2
/man3
/man4
/man5
/man6
/man7
/man8
/rat
/secur
/start
/unix
/yacc
/mnt2
/tmp
/usr/adm
/bin
/fort
/games
/ken
/lib/quiz
/lpd
/mdec
/pub
/source/as
/c
/cref/index
/src
/tab
/fort/f1
/f2
/f3
/f4
/fx
/io
/rt
/rt1
/rt2
/iolib
/m6
/mdec
/rat
/s1
/s2
/s3
/s4
/s5
/s7
/salloc
/sno
/tmg/tmgb
/yacc/lib
/source
/tmp
/usr2

0 件のコメント:

コメントを投稿